チャンピックスでニコチン依存を解消する

タバコがやめにくいのはニコチン依存症が大きな原因

タバコに含まれているニコチンには依存性があるため、吸い続けているとなかなかやめられなくなります。

ニコチンが脳の受容体と結合すると、ドーパミンという物質が大量に放出され、快感が生じます。そのため、タバコを吸うと落ちつきを感じたり、ほっとした感覚を得られたりするのです。

しかし、ニコチンはおよそ30分で減少していきます。ニコチンがなくなるとイライラを感じたり、落ち着きがなくなったりといった離脱症状が現れます。そして、離脱症状を解消するために再びニコチンを摂取するということを繰り返しているうちに、ニコチン依存症になるのです。

依存症は自分の意志だけで解決するのが困難です。そのため、禁煙を成功させたい場合は禁煙外来を受診すると良いでしょう。また、禁煙補助剤の「チャンピックス」を使えば、無理なく禁煙できます。

チャンピックスはニコチンの働きを妨げる薬

チャンピックスは禁煙を助ける薬です。バレニクリンという有効成分が含まれており、ニコチンとニコチン受容体の結合を妨げる効果があります。

タバコを吸うと、ニコチンが血中から脳に素早く届き、ニコチン受容体と結合します。しかし、その結合時間は長くありません。およそ1時間で半減し、ドーパミンの放出も低くなっていきます。

チャンピックスの有効成分であるバレニクリンも、ニコチン受容体と結合します。半減までの時間はおよそ24時間です。バレニクリンがニコチン受容体と結合していると、ニコチンが結合できなくなります。ニコチンが結合しなければドーパミンも放出されないため、タバコを吸っても快感がなく、まずいと感じるようになるのです。

チャンピックスにはむかつきや吐き気といった副作用があるので注意しましょう。食後にコップ1杯の水で飲むと、これらの症状は抑えられます。ほかにもめまいや眠気、意識障害といった症状が現れる可能性があるので、服用中は車の運転などを避けましょう。

喫煙が習慣になっていたら注意

喫煙はしばしば生活サイクルの一部になるため、やめるのが難しくなります。朝起きたときや食後、飲み会のときなど、決まったタイミングにタバコを吸うことが決まりになっている人ほど、禁煙は難しいです。

禁煙を始めると、喫煙という、決まったタイミングに行う決まった行動がとれないため、手持無沙汰に感じることがあります。また、日常的にタバコを吸っているため、口寂しさを感じたり落ち着かなかったりします。タバコという生活習慣が欠けることになるので、タバコの代わりになるものを見つけると良いでしょう。

今まではタバコを吸っていたタイミングに、タバコをガムやお茶、深呼吸、歯磨きなどに置き換えると効果的です。

タバコがやめられない場合は禁煙外来へ行く

タバコには依存性があるため、禁煙には困難が伴います。

タバコに含まれているニコチンは、脳の中枢神経に働きかけ、ドーパミンなど脳内神経伝達物質の分泌を増やします。ドーパミンは快感を生じさせる物質です。そのため、タバコを吸うと気分が良くなったり、落ち着いたりします。その快感を得るために、タバコを吸うのが習慣化していくのです。

ニコチンが体内からなくなり、快感がなくなると、イライラや不安を感じるようになります。このような症状を離脱症状と言います。

日常的に喫煙していると、タバコを吸っていないときにイライラするようになります。そうした離脱症状を解消するため、ニコチンの効果が切れるたびにタバコを吸うようになります。そうしたサイクルを繰り返しているうちに、タバコをやめられなくなってしまうのです。このような状態を依存症といいます。

ニコチンに依存している状態で、自分の意志だけで禁煙を続けるのは難しいです。禁煙をしようと思ったら、禁煙外来で医師に相談し、適切な処置を受けましょう。必要であれば禁煙補助剤を処方してもらえます。